Opayaの実況プレイ

ゲーム放送ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

Dota2 3Dmodel 抽出方法


Dota2の動画編集用にキャラクターの3Dモデルないかなーと探していたところ
有力な情報を得たのでまとめてみます。

Dota2フォルダから「GCFScape」というツールを使ってモデルデータを抽出して、
得たデータを「Alien Swarm SDK」で描画する、といった方法です。

30分ほどで導入できましたのでご紹介します。



1、モデル抽出ツール「GCFScape」をインストール
http://nemesis.thewavelength.net/index.php?p=26

01.jpg


2、GCFScapeでDota2のモデルデータ「pak01_dir.vpk」を開く
GCFScapeを起動してFile>Openと選択し
Program Files>Steam>Steamapps>common>dota 2 beta >dota > pak01_dir.vpk を開く。

02.jpg


3、任意のフォルダにDota2モデルを抽出
デスクトップなどの任意の場所に抽出先フォルダを作成する。
2で読み込んだrootフォルダを右クリックしてExtractを実行。
出力先を選択してOKを押すと10分程度で抽出が完了する。


4、抽出先フォルダにゲーム情報を加える
3で作成したフォルダ内にDota2の「Gameinfo」と「Script」を上書きする。
Program Files>Steam>Steamapps>common>dota 2 beta >dota 内にある2つのファイルをコピーし
抽出先フォルダのrootフォルダ内に上書きする。

03.jpg

5、Alien Swarm SDKをインストール
https://developer.valvesoftware.com/wiki/Authoring_Tools/SDK_(Alien_Swarm)
Valveオーサリングツールをインストールする。

05.jpg


6、Alien Swarm SDKで抽出したフォルダを読み込む
Edit Game Configurationsを選択
Addを選択し、新しいプロジェクトファイルを作成する。
Nameは任意で、DirectoryはBrowseから3で作成した
抽出先フォルダの「root」を指定する。

07.jpg


7、Alien Swarm SDKでモデルを表示する
一度Alien Swarm SDKを再起動すると
Current Gameで6で作成したプロジェクトが選択できるようになる。
Model Viewerを実行して
File>(steam)Load Model 内の任意のファイルを開く。

08.jpg


09.jpg

10.jpg


下のメニューのSequenceで、RunとかAttackなどのモーションを選択すると動きます。
Optionsで背景を黒にしたりとあとはご自由に。

皆さんのTop10動画お待ちしております!!

カテゴリー:Dota2
テーマ:ゲーム  ジャンル:ゲーム

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

▼Twitter

▼最新記事

▼ゲームタイトル

▼月刊アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。